インターネット上での誹謗中傷対策について。

自分が出す情報について気をつける。

インターネットはさまざまな情報を得られる場所であると同時に、自分の情報を提供する場でもあります。しかし、時には自分の出す情報によって事実にないような誹謗中傷を受けることがあります。そのような誹謗中傷についてはさまざまな対策をする必要があります。まず、インターネット上で出す自分の情報に気をつけることです。人々の反感を買うような発言をしたり、行き過ぎた自慢話などをすると、それをおもしろくないと思う人たちが誹謗中傷を行うことがあります。インターネット上では、顔が見えず、生活上ではつながっていない人も多い分、相手に対して攻撃がしやすいです。よって、まずは誹謗中傷されるような種を蒔かないためにも、インターネット上で出す情報を慎重に選んで公開する必要があります。

インターネット上でも普段と変わりない自分でいる。

インターネット上のサービスを利用していて、時には自分のことについてよりよく見せようと思って、事実とは少し異なるような情報を公開することもあるかもしれません。しかし、それがきっかけとなって誹謗中傷の被害を受けることもあります。誹謗中傷されるようになった時に、事実と異なる情報を流してしまっていては、後で誹謗中傷の内容は間違っていると主張することができません。インターネット上でも、普段と同じような自分で相手に接しておく必要があります。

警察や弁護士などの専門家に相談する。

インターネットはさまざまな人が利用しているので、たとえ自分が出す情報に気をつけていて、事実に基づいたことしか書き込みをしていないとしても、誹謗中傷する人がいるのも事実です。もし、自分がインターネット上で誹謗中傷されているということがわかったら、日常生活に影響が出てくることも考えられるので、早いうちに警察や弁護士などの専門家に相談することが必要になってきます。誹謗中傷は状況によっては、犯罪の1つにもなるので、悪質だと感じたら積極的に専門家に相談して対処をしていくことが大切です。適切な誹謗中傷対策を行って、快適なインターネット上での交流ができるようにしましょう。

匿名で様々な誹謗中傷が書き込まれる2ちゃんねる削除が必要な時には、専門のサービスを利用するのが賢い方法です。素早く削除してもらうことができるため、被害を最小限に食い止めることができます。