クラウドサービスは多くの方が利用している?あなたも利用しているその内容とは?

メールのシステムはクラウドサービスの一つの機能

クラウドサービスと言うのは、近年出始めた言葉で、まったくその様な名前を聞いた事無い人もいますよね。電子メールを一度でも利用した事がある人であれば、そのサービスを利用している事と言えますよ。クラウドサービスの特徴の一つとして、ネット上にあるサーバーを利用する事が挙げられ、メールであればメールサーバーがそれに当たります。又、クラウドサービスの特徴の一つとして、端末は限定されずにあらゆる端末からサーバーにアクセスが可能ですよ。PCの場合はIDとパスワードがあれば、ネットに繋がっている様々なパソコンからメールの確認ができ、この様なシステムがクラウドサービスです。

ブログのシステムもクラウドサービスの一つ

現在のブログのシステムの中には、ワードプレスと呼ばれる独自にシステムを構築できる内容もありますが、ワードプレスも含めプログはサーバー上にシステムを入れて利用する形になりますよ。様々なブログが無料で提供されていますが、ブログを利用するために扱うパソコンにソフトをインストールする必要性が無く、ウェブサイト上の表示される項目に入力を行う事で公開する事が出来ますよね。項目の名前や、デザインは無料ブログを提供する会社によってそれぞれ違いますが、サーバー上にあるシステムは似た様なシステムになりますよ。これも、メールと同じ様に、IDとパスワードさえあれば様々な端末から利用できるメリットがあります。

クラウドサービスの名前が現れた経緯とは

クラウドサービスと言う名前が現れた背景の一つに、各々のパソコンで扱われていたソフトウェアにおいて、ネット上のサーバーで扱えるWEBアプリケーションが現れた事が理由の一つとして挙げられますよ。このシステムの利用は、メリットが高いと言われています。例えば、表計算ソフトを全てのパソコンにインストールするには、全てのパソコンの数に対してソフトを用意する必要性がありますよね。アップデートした場合は、インストールをしたパソコン全てに対して行う必要があります。これは、企業にとっては大きな負担であり、簡単に出来ない企業も出てきますよね。サーバー上に扱えるソフトウェアであれば、基本的にメールサーバーの様に台数に限定されずに扱う事が可能になり、アップデートする場合もサーバー上にあるソフトのみで対応が出来ます。各々のパソコンにインストールを行なっていた内容と言うのは、今後、サーバー上に扱えるソフトウェアへと変わりつつあり、多くの場所でクラウドサービスと言う言葉を聞く事になりますよ。

クラウドサービスとは、個々の端末を地上に、NET上のサーバーを雲(クラウド)に見立てた比喩的表現で、データーをサーバに置いておき、会社や自宅、スマホからも取り出せるサービスです。