油断大敵!家庭のゴミの個人情報を守ろう!

家庭での対策が不可欠

期限の切れたクレジットカードや保険証、公共料金などの領収書や手紙など、個人情報が詰まったものを捨てる時は細心の注意を払わなければなりません。これらの個人情報を狙い、悪用を企む人間もいるからで、思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあります。これを防ぐには、捨てる前に何らかの形で個人情報を利用不能にすることが大切になります。少しの手間を惜しまず、こうした予防策をとることで、安全にゴミとして破棄することができるのです。

黒塗りで判読が不可能に

家庭でできる対策はいくつか考えられますが、その一つとしてまず挙げられるのは、マジックなど落ちないもので見られたくない部分を全て黒塗りにしてしまうことです。一番簡単な方法ですが、これで多くの場合は判読不能となります。はがきや領収書などは、この方法で処理できるでしょう。また手紙などで相手方の住所、氏名などの個人情報も書かれている場合は、そちらもしっかりと消しておくことが、相手に対する配慮といえますね。

より確実な対策が可能なシュレッダー

もっと万全を期したい場合は、シュレッダーにかけてしまうとよいでしょう。手回し式のものがホームセンターなどで売られており、安価で入手することができます。この際、一定方向だけでなく縦横、クロスに切り刻むものを選べばより安全性は高まるでしょう。またクレジットなどのカードは、個人情報が含まれている部分を確実に破壊してから、シュレッダーにかけるとより安心です。磁気ストライプの場合は強力な磁石を通す、ICチップの場合は、ハンマーなどの硬いもので叩きましょう。

シュレッダーとは、不要になった書類などの紙を、細かく切り刻むことができる機械です。紙に記載されている内容が処分後に見られないようにするための役割があります。