浄水器はどれが良い?人数やライフスタイルで選ぼう

お手軽なポット型浄水器

浄水器には幾つかの種類があります。それらの中でも1番お手軽かつ、コストパフォーマンスも高く、すぐに綺麗な水を飲める製品となったら、ポット型浄水器でしょう。ポットにフィルターをセットし、そこに水を注ぐ、あるいは注いでからフィルターをセットするだけで、簡単に濾過されます。子供でも扱える利便性の良さと安全性が魅力ではありますが、ポット容量分しか作れないと言うのがやや欠点なので、小家族や1人暮らしの方に適した浄水器です。

最も利用者の多い蛇口型

日本で最も多く利用されていると考えられているのが、蛇口直結型浄水器です。これは蛇口にセットするだけで、水道水が濾過された状態で供給されます。安価での購入が可能であり、取り付けも自分で出来るなど非常に扱いやすく、また、浄水と水道水を切り替える事も可能です。炊事にも利用し易く、大家族やよく水を飲む人にとっては最適な商品です。しかしフィルターの寿命が短く、他の浄水器よりもややランニングコストが高くつくデメリットも存在します。

もっと水に拘りたい人は

浄水器には他にも種類があります。より本格的に水を濾過し、なおかつコストパフォーマンスも良く、工事も不必要な浄水器として、据え置き型と呼ばれる物があります。蛇口の種類に制限はありますが、フィルターが大きく濾過能力が高い上、交換も年に1回から2回程度となっています。中には軟水やアルカリイオン水などを生成可能な商品も。しかし他の浄水器と違い、値段が数万円からと言う高額商品でもあります。浄水器の導入に際しては、家族の人数、どのような用途で使用するかなど、よく吟味して購入するのが良いでしょう。

浄水器を購入する際には、専用のカートリッジの取り扱いや定期購入できるのか確認して購入する事が大切です。