インターネットの風評被害もう見逃せない位の数その対策は?

今のインターネットの風評被害

現状、企業や個人が無作為に被害をこうむるインターネットの風評被害は、3年間で50倍ともいえる量で増えているといわれています。それはスマートフォンなど手軽にどこでも利用できる携帯端末の普及などの影響もあり、まだまだ増えていく傾向にあるでしょう。一見非常に便利な文明の利器はいつの時代も使い方を間違えるとある意味とても危ない道具となってしまします。問題は多くの情報を全ての人が広く、早く受けることが可能になったと同時にその情報に対してあまりにも簡単に誰でも発信できてしまうところにあるのでしょう。

追い付かない風評被害対策逆SEOなどだけで大丈夫?

増加する風評被害に対して、いわれのないネット上の書き込みの除去や興味本位で上がってしまった検索順位の操作などインターネット上のシステムの対応策を請け負う専門会社が増えています。もちろん有料ですがスピードのある対応でそれなりの効果をあげていて、その依頼と需要が増えているようです。しかしまだまだシステム対応操作だけでこの問題が今後解決しれないところもあるでしょう。次から次へと発生する被害にに対して新たな風評被害対策の開発にも力を入れ、各社その特徴をアピールしています。

情報を発信する側への対応

ネット上の情報の信ぴょう性の確認をしないまま、興味本位であまりにも簡単に情報が発信できてしまう。これが風評被害を生むもう一つの問題です。今はこちら側に対しての対策があまり考えられていません。インターネットのシステムでの対応がどんな形で可能なのか様々なところで検討されているのでしょう。この問題は簡単に民間の対応だけでは解決できないところがあるかもしれません。国や自治体を含めた問題となるところもあり、今後の課題です。

風評被害対策で大切なことは、被害にあっても余計な動きをしないことです。相手はその動きこそを狙っています。